オコシ型紙商店 伊勢型紙の老舗メーカー 大正13年創業  伝統の手彫り”伊勢型紙”の販売。 ”伊勢型紙の文様”を現代のライフスタイルにデザインオンしたプロダクトを販売。

NEWS

美術屋『百兵衛』No.24に掲載

ワンコイン美術誌『百兵衛』No.24は 三重文化考です。 1月17日発売! 今年の秋に伊勢神宮の式年遷宮はクライマックスを迎えます。 お伊勢さん、伊勢志摩のアートめぐり、そして三重の地に伝承される工芸が紹介されています。 萬古焼き・伊賀の組紐そして 伊勢型紙。 弊社は伊勢型紙を代...

【美術屋・百兵衛】2013年冬号 vol.24 三重特集の取材。

季刊美術雑誌【美術屋・百兵衛】2013年冬号 vol.24 三重文化考の取材がありました。 ワンコイン美術雑誌として話題の【美術屋・百兵衛】が次回は三重特集です。 三重の伝統工芸『伊勢型紙』部門代表で、弊社をご紹介いただく事に。 意匠・デザインの秀逸性という切り口です。 発売は来年1月...

三越銀座店 「食を彩る 伝統的工芸品展」のグラフィック・ベースパターンに弊社の文様が採用されています。/Volumes/GREEN/01.22/伝統的工芸品展会場1-2.jpg

【食を彩る 伝統的工芸品展】古くより日本各地で愛されてきた伝統的工芸品。その普遍的な美しさは、現代の生活においてもモダンで新鮮な存在感を放っています。「食と暮らし」をテーマに、毎日使いたくなる、食卓が楽しくなる、選りすぐりの伝統的工芸品を集めた展覧会です。 会場には『食』にま...

名古屋テレビ 『UP! の注目ニュース』にて放映

4月11日に名古屋テレビ『UP! の注目ニュース』にて放映されました。 内容は数百年年に亘り受け継がれて来た伊勢型紙について、今後どうなってしまうのか。 ①彫刻師の佐々木正明氏が彫刻技術の側面を担当。 ②オコシ型紙商店がこれからどう新市場展開させるかを担当。 「伝統工芸・...

『 音楽と人 』〜吉井和哉さん〜

2011年5月発刊の音楽誌 『音楽と人』 その表紙を飾るTHE YELLOW MONKEY の吉井和哉さんに、OKOSHIKATAGAMIの影がプロジェクトされ 幻想的なイメージを創り上げています。 表紙の他に12カットの写真が掲載され、刊頭20ページの特集となっています。 皆様、ご...

国立工業高等専門学校 『事例に学ぶエンジニアリングデザイン』

私たちは産学連携にも取り組んでいます。 鈴鹿商工会議所の『SUZUKA産学官交流会』の一員として、今後の『伊勢型紙』のあり方・存続手法などを独自の思考のもと進めています。 そんな繋がりの中、鈴鹿工業高等専門学校・鳥羽商船高等学校のエンジニアリングデザイン教科書編纂委員会発刊の『事例に学ぶエ...

 本社ショールームを開設しました。

本社 『ショールーム』 開設 2011年4月にショールームがオープンしました。 従来、『伊勢型紙』と言えば 額に入れて部屋の壁に掛ける・・・といった光景がよく見受けられました。 しかもその『型紙』は残念な事に 風景や人物などを絵画的に彫刻表現されていて 凡そ元来の『伊...

フラシーヌ・マンシーニ女史が来社

本日 ジュネーヴ/スイスで『本と旅』社を経営されている Mrs.フランシーヌが来社されました。 KATAGAMIの彫刻技術には甚く興味を示され、本国でも紹介していただけるとの事。 女史は多数回にわたり来日されていて、日本のコト、日本文化について広くご周知の様子です。 今回も5月16日に...

Top